伊藤沙莉「女王の教室」子役時代と現在を比較、いじめから同性愛役に!

伊藤沙莉「女王の教室」子役時代と現在を比較、いじめから同性愛役に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「女王の教室」や「悪の教典」、「GTO」などに出演し、いじめっこ役が高評価だった伊藤沙莉さんもすでに21歳です。抜群の演技力のほかにも、ハスキーボイスがかわいいと評判です。伊藤さんは11月スタートのドラマ「トランジットガールズ」でついに連ドラ初主演、難しい同性愛役を演じることになりました。

スポンサードリンク

伊藤沙莉(いとうさいり)さんのプロフィール

生年月日 1994年5月4日(21歳)
出身地 千葉県
血液型 A型
身長 152㎝
職業 女優(元・子役)
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台、CM
事務所 アルファエージェンシー

伊藤沙莉さんは「女王の教室」でいじめっこ役、ハスキーボイスも魅力

伊藤さんは9歳の時に、
2003年のドラマ「14カ月〜妻が子供に還っていく〜」で
子役としてデビューしています。

はじめての演技だったにもかかわらず、
体が女の子になってしまった女性の役を見事にこなし、
話題となりました。

2005年、天海祐希さん主演のドラマ「女王の教室」では、
天海さんが担任である6年3組の児童の1人、田中桃を演じています。

この時はクラスメイトである神田和美役の志田未来さんを、
友達と一緒にいじめる役。
“こんないじめっ子いそうだなぁ”
思えるようなとても自然な演技でした。

伊藤さんは小柄で丸顔ですが、
その見た目の雰囲気とは違ってハスキーボイスです。

ちょっと低めの声で迫力があり、
その声がかわいくて好きだという意見が多いようです。

声のおかげで伊藤さんだと分かる方もいるようで、
ハスキーボイスも彼女の大きな武器になっているようですね。


出典:http://matome.naver.jp/

スポンサードリンク

伊藤沙莉さんは「GTO」のいじめっこ役でも高評価!

その後も伊藤さんはドラマや映画などで活動を続け、
2012年映画「悪の教典」にもご出演されて話題となりました。

伊藤さんは永井あゆみという生徒役で、
口の軽い情報屋、
結果的にそれが災いして
“惨劇の夜”の引き金を引いてしまうといった役どころでした。

また、2014年のドラマ「GTO」でも
“いじめる役”でご出演して注目を浴びました。

伊藤さん演じる楠見加奈子は、
小芝風花さん演じる成瀬つぐみを陰湿にいじめていました。

小芝風花さんの代表作と言えば、これですよね
小芝風花実写版『魔女の宅急便』、『スケート靴の約束』で本田望結と初共演!

小芝さんの迫真の演技もかなり評価されていましたが、
そのほかの生徒もみんなプロ意識があると言われたようです。

いじめっこ役は4人いたのですが、
中でも視聴者から1番高評価だったのが
伊藤さんだと絶賛されています。

ハスキーボイスを活かした独特な口調で、
いままでにはないいじめっこを演じていました。

そんな伊藤さんを観た方々は、
上手すぎる演技が“ガチでこわい”と言いながら、
彼女のファンになっていったようですね。

中には伊藤さんの事を、
うざいとか嫌いだという声も挙がったようですが、
そこまで言われる程の演技力があるのだと、
更に評価されたようです。

ドラマではリアルな“いじめ”が話題になりましたが、
実際のキャスト達は同年代で仲が良く、
その様子を伊藤さんはツイッターで披露していたそうで、なんだかホッとしました。


出典:http://prcm.jp/

伊藤沙莉さん、「幕が上がる」の次は“ガールズラブ”に挑戦!

伊藤さんは、ももクロが主演を務めた2015年の「幕が上がる」で、
映画と舞台にもご出演されています。

スポンサードリンク