アブナイ夜会で手芸が特技である事を告白した岡田義徳のファン感想は

アブナイ夜会で手芸が特技である事を告白した岡田義徳のファン感想は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の岡田義徳さんはイケメン俳優としても有名ですが、そんな岡田義徳さんはファンが意外だと思わせるような、趣味特技をもっているそうなのです。それはアブナイ夜会に出演をした時、カミングアウトしましたが、何と手芸だと言う事です。手芸とはあの手芸、裁縫の手芸の事です。と言う事は意外と手先が器用であると言う事が分かります。そんな違った一面も持っている岡田義徳さんのファン感想をまとめました。イケメンらしからぬ趣味特技について皆さんはどう思っているのでしょうか。

スポンサードリンク

岡田義徳さんのプロフィール

生年月日 1977年3月19日(38歳)
出生地 岐阜県
職業 俳優
血液型 AB型

「浅草橋ヤング洋品店」のモデルオーディションを受けた
アブナイ夜会で手芸が特技である事を告白した岡田義徳のファン感想は
出典:http://joutama.com/archives/2749

モデルオーディションを受けたのを契機にデビューを果たす

岡田義徳さんが芸能界に入ったきっかけを作ったのは、モデルオーディションでした。

今から20数年前、テレビ東京で流行ったバラエティ番組、「浅草場所ヤング洋品店」と言う、番組があったのをご存じだったと思います。

演出がテリー伊藤さんの番組と言う事で有名ですよね。

その中から今活躍している色んな人たちが出てきています。

岡田さんも翌年、ドラマに出演するきっかけを作りデビューを果たしました。

俳優としての岡田さんの地位を確固たるものにしたのが、何と言っても2002年「木更津キャッツアイ」で、うっち—役を演じた事でしょう。

当時、アクアラインが開通して、都心まで大回りして車で1時間半かかったのが、川崎まで10分になるも、4000円と超高額な通行料で利用者が少なく、結局、都心周辺の田舎でしかない、都心に出たくても出れない若者が背景として描かれています。

岡田さんはそんな街の高校野球部のショートを演じました。

モヒカン頭でしたよね。

そのドラマ以来、岡田さんは役の幅を広げ、今では幅広く演じることが出来る俳優となりました。

やがてドラマにはかかせない存在に
アブナイ夜会で手芸が特技である事を告白した岡田義徳のファン感想は
出典:http://matome.naver.jp/odai/2135183206460416501/2135183227260446003

スポンサードリンク

やがて名脇役と呼ばれる存在に

その後、岡田さんはヒットしたドラマに数多く出演をされました。

「スカイハイ」、「大奥」、「救急病棟24時」、「ハルとナツ 届かなかった手紙」、「篤姫」、そして現在は「マザーゲーム〜彼女たちの階級〜」と、「三匹のおじさん2」に出ています。

決して主役ではないのですが、名脇役として、ドラマには欠かせない存在であることが分かると思います。

演じられる役の幅の広さが分かります。

俳優以外にも変わった趣味特技も
アブナイ夜会で手芸が特技である事を告白した岡田義徳のファン感想は
出典:http://photozou.jp/photo/show/2514174/162076009

俳優以外にも変わった趣味、特技を持っている岡田さん

実は俳優以外にも岡田義徳さんは変わった趣味、特技を持っていらっしゃいます。

例えばドラム、

岡田さんはミュージシャンとしての顔も持っていてドラムとして浅野忠信さんとバンドを組んでいたのをご存知の方もいると思います。

最近はどうやら、DJになったらしく、クラブだったり、イベントにも出ている様です。

有名なイベントですと、ROCKIN FESTIVAL JAPANにも出演をされています。

アブナイ夜会でカミングアウトした意外な趣味とは
アブナイ夜会で手芸が特技である事を告白した岡田義徳のファン感想は
出典:http://matome.naver.jp/odai/2141364995283306001/2141365040083421303

そして「アブナイ夜会」と言う、バラエティ番組で、そのイケメン俳優らしからぬ、意外な趣味特技があることをカミングアウトしました。

それは手芸だそうです。

手芸とは裁縫の手芸です。

セーターとか編んだりもするのかもしれませんが、自分で洋服をリメイクできるそうで、一時期それをマイブームと言っていた時期もあったくらいなので、結構、手先は器用ではないかと思います。

その他、色々なものを修理したりするのでしょうね。

イケメンで手先が器用な岡田義徳さんもまた違った味があっていいですよね。

[adsense]
ファンの声はイケメンで、ワイルドで、手先が器用なんてカッコいいと言う評判があるようです。

なるほど、ファンとしては細かいところに気がついてくれる人というイメージなのでしょう。

あとは物を大切にしてくれる人と言う、イメージもあるかもしれません。

買って、使い古してか、使い古す前に、捨ててしまう人が多い中、使い古しても、その都度、修理して、それを使い続ける、

「もったいない」の精神にも通じるようなものがあると言えるのかもしれません。

物を大切にできる人は人も大切にできる人だと思います。

スポンサードリンク

この記事が参考になりましたら

下のボタンよりシェアをお願いします。