小島よしお、資格取得してから一発屋が再ブレイクした裏にあるのは?

小島よしお、資格取得してから一発屋が再ブレイクした裏にあるのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今からもうどのくらい前になるのでしょうか、7〜8年ほど前になるのでしょうか。鍛え上げられた肉体美をパンツ1枚で芸をする芸人さんがブレイクしました。小島よしおさんを覚えている方も多いと思います。その小島よしおさんは一回、ブレイクした後、ブームは終わり、一時期、姿を消した時期がありました。が、その間、小島よしおさんは資格を取っていたのです。そして再ブレイクを果たしましたが、その資格こそが小島よしおさんを再ブレイクに導きました。中には苦悩もあったようですが、一体再ブレイクする前までな何があったのか、まとめました。

スポンサードリンク

小島よしおさんさんのプロフィール

生年月日 1980年11月16日
出身地 千葉県
職業 タレント、お笑い芸人
血液型 O型

沖縄生まれの千葉育ち
小島よしお、資格取得してから一発屋が再ブレイクした裏にあるのは?
出典:http://entameee.com/

実はインテリ芸人

小島よしおさんは沖縄県に生まれました。

なぜなら、母親が沖縄県の人だったからだそうです。

沖縄県の久米島で1980年、小島よしおさんは生まれました。

しかし、幼少の時に東京に移り、その後、千葉県に移りました。

よって生まれは沖縄県ですが、出身地は千葉県です。

今でこそ、小島よしおさんはパンツ1枚で芸をするピン芸人ですが、実際はインテリでもあります。

あくまでそれは小島よしおさんの一部であって、実際はそれが全てではありません。

高校を出て大学は早稲田大学教育学部国語国文科を卒業しました。

なので、クイズ番組にもよく出演されていますよね。

あるいはバラエティ番組に出た時の、コメントを求められた時も、中々、いいコメントをされたりしますよね。

こうしてブレイクを果たす
小島よしお、資格取得してから一発屋が再ブレイクした裏にあるのは?
出典:http://www.mache.tv/

スポンサードリンク

「そんなの関係ねえ〜」「はい!おっぱっぴい〜」でブレイクをする

そして小島よしおさんはブレイクを果たしました。

小島よしおさんの持ちネタと言えば、何といっても「そんなの関係ねえ〜」、

と手足を動かし、拳を下につき下げながら、それを何回かやった後で「はい!おっぱっぴい〜」と、言ってぴょん!っと跳ねるネタですよね。

この2つは2007年の、恒例になっているユーキャンの「流行語大賞」にノミネートされました。

また小島よしおさんだけでなく、プロ野球選手や、球団のマスコットキャラクターも真似をしたほどでしたよね。

小島よしお、資格取得してから一発屋が再ブレイクした裏にあるのは?
出典:http://labaq.com/

また体を張ったロケも結構されましたよね。

そのせいあってか、ピーク時は月収1300万ほどだったと言います。

ブレイクが下火になって資格を
小島よしお、資格取得してから一発屋が再ブレイクした裏にあるのは?
出典:http://www.nikkan-gendai.com/

再ブレイクのきっかけはターゲットを子供にしぼったから

やがて小島よしおさんはブレイクするも下火になり、そして表の世界からは姿を消しました。

これで終わりでしたら、一発屋ですが、しかし、小島よしおさんは違いました。

確かに月収1300万が、数万円に下がるのは苦悩の時代だったと言えるでしょう。

それでも地道に営業して再起を狙っていたようです。

そしてある日でした。

営業先での出来事です。

いつものように芸をしていると、前列にいた子供が開始15分ごろ、泣き出してしまい、「帰りたい」と言ってしまったのです。

まさか自分が好きで来てくれていたのに、子供からこんなことされるとは、思ってもいなかったようです。

しかし、小島よしおさんには今まで見えなかったものが見えてきました。

そして、それ以来、ターゲットを今までの大人から子供に変更しました。

そしてこの期間中を一種の充電期間と言うように変えました。

その充電期間を使い資格を取る勉強をしました。

そして資格を取得しました。

資格の名前はキッズコーディネーショントレーナーと言います。

主に子供の運動神経を鍛えてあげることに意味があります。

小島よしおさんは自分の肉体美にさらに磨きをかけ、芸ももっと子供に受け入れられるようにしてあげ、子供の運動神経を鍛えてあげようということで再ブレイクをしました。

スポンサードリンク

小島よしおさんは、やはりインテリと言うか、頭がいい芸人さんだと思います。

普通の芸人さんだと、一発屋で終わっていたかもしれないところ、思わぬものがひらめき、それを具体化させ再ブレイクまで持っていったのです。

これは一般の世界で生きている人たちにとっても、興味深い話かもしれません。

恐らく、セルフプロデュース力の分野ではないかと思います。

営業、企画、マーケテイングの分野で大いに役立つのかもしれません。

スポンサードリンク

この記事が参考になりましたら

下のボタンよりシェアをお願いします。