2014年 最新花粉症対策グッズ ランキング紹介!ヒルナンデスでも紹介されました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザや風邪ウィルスの蔓延がピークを越えて、
まもなく花粉症の季節の到来です。

僕は酷く花粉症に悩まされています。
毎年花粉症対策グッズなどを買って試しています。
今年はどんな花粉症対策グッズが人気なのでしょうか?

スポンサードリンク

2014年花粉症の時期はいつごろから

2013年6~8月の気象条件と9月下旬のスギ雄花の花芽調査から、花粉が飛散し始める時期を毎年推測しています。
今年は、2月上旬からみたいですね。
ただし直近のデータによると2月26日から飛散し始めるという計測のようです。
詳しくは下の画像をご覧ください。
花粉 飛散 時期 対策

10年前と比較して飛散は多くなっている一方ですが、
今年は、去年よりも少なめの予報です。
しかしきちんと対策しておいて損はないはずです。
今年はどんな対策グッズがあるのでしょうか?

ヒルナンデスで話題の花粉症対策

チラシ寿司を食べる

チラシ寿司 花粉症対策 グルメ 食事
2月20日ヒルナンデスの放送で、花粉症の予防と対策におすすめなお料理は『ちらし寿司』という結果になりました。

ちらし寿司にはイワシやサバなどの青魚にはDHA・EPAという脂と、レンコンに含まれるポリフェノールが含まれています。
またシソに含まれるフラボノイドが花粉アレルギーの炎症を抑えて症状を和らげてくれるこういった効果があるそうです。
ちらし寿司はそれらがバランス良く含まれており、花粉対策にもってこいだそうです。

スポンサードリンク

ぬるめのお湯で半身浴をする

半身浴 花粉症対策 グルメ 食事
花粉症の予防と対策におすすめな「夜」の入浴法は、ぬるめのお湯で半身浴をすることだそうです。
ぬるめのお湯に時間をかけて入ることで、体が芯から温められ血流、血行が促進されることで体内の老廃物が排出できて、昼のアレルギー反応が起こりにくい状態になるそうです。

ベッドの上で眠る

ベッド 花粉症対策 グルメ 食事
花粉症の予防と対策におすすめな眠り方はベッドの上で就寝することです。
昼間、部屋を綺麗に掃除をしても空気中に花粉が残っているため、寝ている間に床に落ちてきてしまいます。

床から30cmまでの高さに埃や花粉が最も多く集まるので30cm以上の高さのあるベッドで寝ることがおすすめとのことです。

やはり掃除をすることが大事だそうで、シーツをこまめに変える、定期的にふとんに掃除機をかける、
加湿器を使うと花粉が重くなって下に落ちやすいので、ベッドで寝るとより安眠しやすい可能性があるそうです。

スポンサードリンク

日光浴をする

日光浴 花粉症対策 グルメ 食事
日光浴は、花粉症の予防と対策におすすめです。昼間、ベランダや窓の近くで生活できるならそうした方がいいらしいです。
日光浴をすると、体内でビタミンDが作られます。そのビタミンDが花粉症などのアレルギー症状を、和らげることが最近報告されているそうです。
そのため、ビタミンDが含まれる食品を摂取することでも同様の効果が得られます。

あんこうのきも、さけ(紅鮭)、ひらめ、たちうお、きくらげ(乾)、しらす干し(半乾燥)、さけ(しろ鮭)、まぐろのトロ、さんま(開き)、いわし(みりん干)、いわし(丸干)、スモークサーモン、数の子、こい、たたみいわし、身欠きにしん、塩さけ、あゆ(養殖/焼)、かれい、いかなごの佃煮、すじこ、にしん、キングサーモン、まかじき、煮干し、しらす干し(微乾燥)、いかなご、さんま(焼)、さば(開き干し)、干ししいたけ(乾)、いくら、さんま(生)、銀鮭、にじます、わかさぎの佃煮、かわはぎ、うなぎのかば焼、いさき、さば、削り節の佃煮
引用:ビタミンDの多い食品と、食品のビタミンDの含有量一覧表

スポンサードリンク

花粉を理解することで対策を考えよう!

毎年この時期が近づくにつれ、町中では花粉症対策のマスクやメガネをして歩いている人が多く見られるようになります。
花粉に敏感な人は相当キツい季節ですよね。

でも対策をしっかりとることで、ある程度は緩和されます。
僕はいつも注射をしてもらうのですが、それでも対策は必要となってきます。
まずは花粉とは何?というところからスタートしたいと思います。

スギやヒノキといった植物から発せられる花粉により、くしゃみが止まらなくなったり鼻水が出たりするアレルギー症状を、花粉症と言います。

こういった症状から、花粉症は季節性アレルギー性鼻炎と言われることもあります。

花粉症の主なアレルゲンとなるのは、スギやヒノキ、ブタクサといった植物ですが、全部合わせるとおよそ60種類にもなると言われています。
僕の場合はスギとヒノキがもっとも症状が出やすくて、外出時のマスク着用は必須です。
しかし、マスクだけですと密着していないところから鼻や口に入ってきてしまう恐れがあります。

また花粉症では、目にも症状が出てきます。
目がかゆくなったり涙が出てきたり、目が充血してきたりします。
目には花粉対策メガネという専用メガネをすることでかなりブロックすることができます。
薬局やメガネ屋さんで購入できます。

僕はさらに酷くなるときがあり、
微熱の症状や下痢といった症状ももたらします。そうなると仕事どころではなくなってしまいます。

この花粉症の症状で悩まされる日本人は、およそ25%に上るとされており、4人に一人の計算です。
僕の場合は、1年を通してアレルギー性鼻炎なんです。ホコリやダニ、いわゆるハウスダスト系で症状がでてしまいます。

花粉症と一言でいっても原因によって対策はそれぞれ異なってきますので、
ご自分の症状と原因をしっかりと見極めることからスタートしてくださいね。

スポンサードリンク

2014年花粉対策グッズ 売上げ上位ランキング

茶カテキン/えぞ式 すーすー茶

毎日1杯飲むだけで朝から晩まで鼻が通るというお茶です。
体験者さんからはもう手放せないという報告も多数あるとか。
バラ科の甜茶が北海道で古くから薬草として用いられてきた「クマザサ」と
「赤紫蘇」を加えることで相乗効果が高まり、その実感度が飛躍的に高まるということが分かったのです。
クマザサは、強い抗菌力で免疫バランスを整えてくれることで知られており、体に取り入れるだけでなく 塗り薬としても昔から用いられてきました。
赤紫蘇は「天然のステロイド」と呼ばれ、赤紫蘇に 含まれるポリフェノールの一種である
ロズマリン酸が、グズグズ・ズルズルを軽くします。

↓詳しくはこちら↓



サプリメント/花粉スーパーパック(Hay Fever Relief Pack)

栄養を改善し、体質から花粉症対策を試みたサプリメントです。
以下の改善が見込まれます。
1.目のかゆみや鼻などの不快な症状を起こす、敏感体質の改善
2.花粉に対して敏感でない状態を作る
3.花粉への反応でヒスタミンが作られにくい状態を作る
4.腸内細菌を増やことによって、花粉に反応しにくい状態を作る。

↓詳しくはこちら↓



サプリメント/花粉スーパーパック(Hay Fever Relief Pack)

スーパーフラボノイド「ナリルチン」の含有量が他の柑橘類に比べ多い、幻の果実「ジャバラ」から作られたサプリメントです。
ナリルチンは花粉やのアレルギー作用が最も期待されています。

↓詳しくはこちら↓



アロマスプレー/ナチュラルハーブスプレーレスピレーション

季節の変わり目や爽快感を味わいたいときなど、一風変わった花粉症対策グッズです。
鼻がぐじゅぐじゅで息苦しいときや目がしょぼしょぼして涙目の時などの気分転換用としての利用がいいと思います。
マスクやハンカチに1プッシュして香りを嗅ぐと、さわやかなメントールの香りが爽快感をもたらしてくれます。芳香浴としての利用もおすすめです。

↓詳しくはこちら↓



マスク/花粉対策鼻マスクシェル

従来のマスクと違い口と鼻を覆うものではなく、鼻に挿入するタイプの鼻マスクです。
化粧していて化粧崩れが気になる方、メガネの曇りが気になる方におすすめです。
花粉を99%以上カットし、何度も繰り返し使えるのも優れものです。

↓詳しくはこちら↓



空気清浄機/イオンフロー50

花粉やホコリ等の微粒子を99.94%除去するスーパー空気清浄機です。
さらに1立方センチあたり55万個のマイナスイオンを放出します。
部屋中リフレッシュし、リラックスできるのは、イオンフロー50だけ。

↓詳しくはこちら↓



花粉対策メガネ/エア・バイザー

Zoffの花粉症対策メガネ「AIR VISOR(エア・バイザー)」なら最大98.4%もの花粉をカットします。

↓詳しくはこちら↓



この記事が参考になりましたら

下のシェアボタンよりシェアをお願いします。